『和みゆたか』





和みゆたか

今回ご紹介するのはこちらの豊潤青汁『和みゆたか』です。国産素材にこだわった
青汁で、女性に特有な事でお悩みがある方、中高年の健康維持やダイエットの補助に
おすすめとなっています。

何故お悩みの方におすすめなのか、紹介させていただきたいと思います。

  • 厳選素材と、80種類以上の植物発酵エキス配合

  • 厚生労働省推進のマタニティマークとのタイアップ商品

  • 有名管理栄養士監修

  • サプリを買うよりお得に半額で購入できる


20種類以上の厳選素材を配合


厳選素材を配合しており、安心の国産の青汁です。
かなり多くの成分が含まれていますので、簡単に素材と成分をご紹介します。


素材

大麦若葉、ケール、明日葉、フィッシュコラーゲン、豚プラセンタ、ヒアルロン酸、
グルコサミン塩酸塩、乳酸菌EC-12、フコイダン、マカ、麦芽糖、水溶性食物繊維、
還元麦芽糖水飴、葉酸、コンドロイチン含有鮫軟骨抽出物、しいたけ、まいたけ、
ブルーベリー、緑茶、80種類以上の植物発酵エキス



成分

ダイエットの補助 【食物繊維、クロロフィル、ミネラル、酵素オクタコサノール、
                      ビタミンB6】

肌のキメを保つ 【GIV(フラボノイド)、ビタミンA・C・E、タンパク質、マグネ
 シウム、カルコン、クマリン、メラニン、アミノ酸、核酸】

健康維持 【ビタミンC、ポリフェノール、ビタミンB2、SOD酵素、ビタミンE】

疲労を防ぐ 【ビタミンC、ビタミンB1、ルテイン、メラトニン、ビタミンA】

腸内環境の悪化を防ぐ 【食物繊維、麦芽糖、乳酸菌】

自然治癒力を助ける 【フコイダン】


厚生労働省の推進するマタニティマークとのタイアップ商品

妊産婦にやさしい環境づくりを推進するマタニティマークとタイアップしており、
信頼性の高い製品だと思います。妊娠中のカフェイン上限摂取量が1日200mgに対し、
『和みゆたか』は1包3.3mgしかありません。


厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、1日400-440μgとなります。

過去、大阪教育大学で若年(18才から29才)の調査を行なった所、女性の
一日の食事から摂る葉酸の量の平均が164μgだったとの事。『和みゆたか』には
1包200μg入っており、1日1杯~2杯飲むと推奨量に達し、
特におすすめできると思います。

マタニティマーク

『和みゆたか』の購入はこちらから!

有名管理栄養士監修


多くのメディアに出演している豊田愛魅さん監修。
1杯で多くの成分が取れ、飲みやすい”オールインワン”青汁を目指したとの事です。

豊田愛魅さん写真

その他メリット

    安心の日本製の商品


    どこで作ったかわからないで、不安になる必要はもうありません。
    主に中伊豆の畑で栽培し収穫しており、国産に拘った商品です。


    サプリを購入するのと『和みゆたか』を購入した場合、約半分で買える!

    同栄養素をサプリで摂取した場合16000円、青汁を購入した場合、
    年間購入で月々7980円と半分の値段になります!サプリを取ると1回で
    成分毎にすごい量を飲まなくてはいけませんが、青汁だとコップ1杯にまとめられます。


    送料無料!


    『和みゆたか』を使ったレシピもご紹介中

    料理研究家の西岡麻央さんが考案したレシピも公式サイトで公開中。

    青汁だけでなく、料理にも使えて楽しめます!

    料理

    まとめ

    さまざまな栄養が含まれる青汁ですが、あくまでも普段の食事のサポート的な
    存在です。毎日の食事で野菜を摂取しながら、不足している栄養素をカバーする
    という認識を持ちましょう。

    私が考える飲み時としては、食前に飲むと食欲を抑えられ、血糖値の急な上昇を
    抑えたりできると思います。

    特に寝起きであれば、水分補給と血液濃度を下げることもできると思います。


    最後に気を付けて欲しい事を記載します。
    過剰に摂取すると青汁に含まれるビタミンA・ビタミンE・ビタミンKには吐き気、
    腹痛、頭痛、下痢、アレルギー、発疹などを引き起こす可能性もあります。
    摂取する量は1日3杯までにしましょう。

    血液凝固を予防するワーファリンを服用している場合、
    血液凝固を促進するビタミンKにより拮抗します。
    メーカーではなく、かかりつけ医に相談の上で購入しましょう。


    この情報が、皆様の暮らしに少しでもお役に立てたらと思います。


    『和みゆたか』の購入はこちらから!


柚子ブログ。

特定商取引法に基づく記述ページ