『和みゆたか』

 



和みゆたか

今回ご紹介するのはこちらの豊潤青汁『和みゆたか』です。
国産素材にこだわった青汁で、女性に特有な便秘や美容にお悩みがある方、
更年期・健康維持や体型が気になる方におすすめとなっています。
何故お悩みの方におすすめなのか、これから順番に紹介させていただきたいと思います。

 

まず『和みゆたか』のメリットからご紹介致します。

 

  • 有名管理栄養士監修
  • 21種類の厳選素材、80種類以上の植物発酵エキス配合
  • 厚生労働省の推進するマタニティマークとのタイアップ商品

 

では、順番にご紹介致します。

 

有名管理栄養士監修

多くのメディアに出演している豊田愛魅さん監修。
1杯で多くの成分が取れ、飲みやすい”オールインワン”青汁を目指したとの事です。
豊田愛魅さん写真

 

細かい成分については、これからご説明します。

 

21種類の厳選素材を配合

多くの厳選素材を配合しています。今回は主に、普段あまり馴染みがなかったり、
改めてどういった成分なのか色々調べてみましたので、ご紹介します。

 

大麦若葉

食物繊維、ビタミン、ミネラル、リパーゼ、糖質、タンパク質、脂質、クロロフィル、
酵素SOD、ポリフェノールが含まれています。

 

この成分によって、便秘解消、栄養補給・健康維持、
美容・ダイエット、体質改善におすすめです。

 

便秘解消

食物繊維によって、腸を刺激して排便を促します。
普段の食生活での過食や消化負担が大きい食べ物を食べていると
胃腸に負担がかかり、消化しきれないものが蓄積され、悪玉菌の
増殖で大病に繋がる可能性があるそうです。
便が出ないことで腸内にある悪玉菌がタンパク質や脂肪などを腐らせ、
有害物質(ニトロソアミンやインドールなど)を発生させます。
このニトロソアミンやインドールなどは一般的に発がん性物質として知られています。
腸内は常にきれいな状態にしておく必要があり、そのためにはまず
便秘の解消が必要不可欠になるというわけです。

 

ダイエット・美容効果

食物繊維やクロロフィルによって、コレステロール値を抑え、胆汁酸(消化吸収を
助ける物質)やナトリウム(血圧調節、酸の中和、神経の情報伝達、栄養素の吸収
と輸送に関わる物質)の排出を抑えます。

 

そして、大麦若葉のミネラル・ビタミンにはチトクロム酸化酵素を活性化させ脂肪
燃焼・新陳代謝効果があります。
酸性に偏った身体を中和し、甲状腺機能を正常化し、脂肪燃焼を促進させる
酵素のリパーゼも入っています。

 

GIV(グルコシルイソビテキシン)というフラボノイド、ビタミンA・C・Eの抗酸化作用に
より細胞の老化を抑えます。
他にも、ミネラル・ビタミン、酵素には肌の代謝を促進し、タンパク質や食物繊維に
より美肌効果もあります。

 

ミネラルや、抗炎症作用があるクロロフィル、酵素によりアレルギー性疾患の方にも
おすすめのようです。

 

 

健康維持

大麦若葉に含まれる食物繊維とオクタコサノールがコレステロールや中性脂肪の
吸収を邪魔し、ビタミンCとポリフェノール類が悪玉コレステロールが酸化するのを
防ぎます。※このポリフェノールは血管を柔らかな状態で保つことにも効果を発揮しています。
 
そして、体内に出来た過酸化脂質をビタミンB2が分解します。
このように動脈硬化を防ぐ働きをする物質がすべて含まれているのが、大麦若葉になります。

 

クロロフィルは抗酸化・抗炎症、解毒作用をもちます。SOD酵素も活性酸素を除去し、
抗酸化作用があります。
加齢や生活習慣で減少するSOD酵素は体外から取り入れる必要があります。炎症等の
引き金になる活性酵素を抑制し、生活習慣病の抑止になる可能性が高まります。

 

ストレスや疲れを抑えるアドレナリンを分泌するビタミンCと脳の活性化や疲労物質を
取り除くビタミンB1も入っています。

 

大麦若葉

ケール

栄養価が高く野菜の王様と呼ばれています。
ビタミン、カルシウム、ミネラル、マグネシウム、ルテイン、葉緑素(クロロフィル)、
GABA(ギャバ)、食物繊維、葉酸、たんぱく質、ルテイン等が含まれています。

 

ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、含まれているようです。

 

ダイエット・美肌効果

脂質を排出する食物繊維、基礎代謝を上げるビタミンB6、マグネシウム、抗酸化
作用によって美肌効果を高めます。
余分な脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪細胞が増加し、血糖値上昇を抑制します。

 

過食をした際、通常は血糖値が上昇し、インスリンが分泌され、糖質が脂肪として
蓄積されます。ケールの栄養によって、インスリンの分泌をコントロールし、血糖値の
上昇が緩やかになり、脂肪のつきにくい体になるそうです。

 

腸内環境が悪くなると、余った栄養が内臓脂肪として蓄積するのですが、ケールには
デトックス効果があり、腸内環境を整え、栄養素を効率的に腸が吸収することで、
内臓脂肪が蓄えにくい体になるそうです。ケールのデトックス効果はヨーグルトよりも高いようです。

 

体質改善

ルテインが抗酸化作用があり、特に目に効果的です。眼精疲労や視力回復など、
普段PCやスマホといったブルーライトで目を酷使している人にルテインは向いています。
メラトニンは、通常脳から分泌されるホルモンですが、加齢と共に減ってきます。すると、
なかなか寝れない寝ても疲れが取れない寝た気がしない症状が出ます。
そういった対策として、ケールが持つメラトニンが向いています。

 

ビタミンAにはドライアイ予防、視力回復、整腸作用といった粘膜を正常に保つ効果があります。
ビタミンCにはにきび・シミの予防や改善といった美肌効果。ビタミンEには抗酸化作用・血行促進といった
老化対策や冷え性改善効果があります。
カルシウムも入っており、ご高齢の方には骨粗しょう症対策として向いています。

 

ケールの成分の中に含まれるフラボノール配糖体が、抗アレルギー作用をもたらすと
考えられ、体質改善ができると考えられます。

 

ケール

明日葉

カルコン、クマリン、ビタミン、カリウム、ナトリウム、食物繊維が含まれています。

 

美容・健康維持

明日葉は古くから不老長寿の野菜として親しまれてきましたが、栄養学的な裏づけがあります。

 

明日葉の葉や茎を切ったときににじみ出る黄色い汁はカルコンといって、
植物では明日葉にしか含まれないポリフェノール類の一種です。

 

カルコンは、美容や健康維持のために役立つ成分として、近年注目を集めています。
クマリンは、セリ科の植物全般に含まれ、明日葉には特に豊富に含まれています。
カルコンと同じような効果が、クマリンにも期待できます。

 

明日葉は100gで、一日に必要なβ-カロテンを満たすうえ、ビタミンB1・B2 ・C・Eやカリウム、
ナトリウム、食物繊維も豊富で、さらに野菜には珍しい造血ビタミンB12も含んでいます。
明日葉のβ-カロテンが体内に入った時のビタミンA効力は、ほうれん草に次ぐ高さで、
ビタミンCも多く、茹でた後の含有量は100g中30mgと、温州みかんに匹敵します。

 

明日葉には元気に生活するために必要な栄養成分がたっぷりと含まれています。

 

明日葉

フィッシュコラーゲン

魚の皮や骨、ウロコなどを原料としたコラーゲンです。

 

美容効果

フィッシュコラーゲンは肌の表面の角層の水分量を上げる効果があります。
フィッシュコラーゲンに含まれている成分(ヒドロキシプロリン)が細胞を刺激して、
ヒアルロン酸などを作り出しているようです。

 

シミは紫外線によってできたメラニンがはがれ落ちずに、色素沈着してしまう現象です。
フィッシュコラーゲンペプチドは紫外線でできたシミを減少させます。
肌の真皮の組織を修復することによって紫外線のダメージから回復させる効果があると
考えられています。

 

魚

豚プラセンタ

プラセンタとは胎盤のことで、子宮内にできる組織です。栄養交換や酸素、二酸化炭素の
受け渡し、ホルモン生成などをサポートしています。
主に胎児を育てるのに必要なアミノ酸、タンパク質、糖質、ペプチド、核酸、ムコ多糖類、
酵素、ミネラル、ビタミンなど様々な栄養素が含まれています。

 

美容効果

プラセンタには、10種類以上のアミノ酸が含まれています。アミノ酸は細胞の原料となりますので、
健康で若々しい肉体を保つためには欠かせない成分です。
プラセンタの持つ美容効果は、このアミノ酸の働きによる部分が大きいと言われています。
食品を通して得られるアミノ酸は、構成が複雑なため吸収率があまり高くありません。そのため、
せっかく摂ってもほとんど吸収されずに体外へ排出されてしまっていることが多いようです。
それに対して、プラセンタから得られるアミノ酸は単体で構成されているため吸収率が高いのが
特徴です。

 

人間の身体は約6割が水分でできていますが、その次に多いのがタンパク質です。
血液も筋肉も、タンパク質がなければ作ることはできません。胎児の成長スピードは生まれた後の
赤ちゃんの成長スピードよりもずっと急速ですが、これは成長因子の働きによるもので、細胞の
増殖を促進しているようです。
細胞の新陳代謝を促す為、プラセンタが若返りのエキスだと言われるのは、この成長因子のお陰の
ようです。

 

プラセンタには遺伝子に関係する成分も含まれます。核酸は遺伝子を修復し、新陳代謝を調整してくれる
重要な栄養素です。核酸の最大の特徴は、遺伝子に働きかけて老化を止めてくれる点でしょう。
本来は人間の体内でも作られる成分ですが、加齢とともに減少しますので、外部から摂ることで
エイジングケア効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持や
クッションのような役割で細胞を守っています。

 

美容効果

肌の保湿性や粘弾性の維持、予防。肌や関節・軟骨の機能維持、老眼や眼精疲労。
体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能。卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や
更年期障害の改善にも期待できるようです。

 

化粧水

グルコサミン塩酸塩

グルコサミンは体内で、加齢とともに合成能力が低下するため、不足しがちです。

 

関節痛に効果

グルコサミンを補給することによって軟骨の摩擦が抑えられ、関節痛や変形関節症の痛みや
腫れ、傷ついた軟骨の再生を促すという効果があります。グルコサミンは、軟骨に働きかけ、
関節部分の細胞の新陳代謝を活発にし、様々な部位の炎症性関節炎に効果があるようです。

 

 

葉酸

妊娠期に欠かせない栄養素として注目されている葉酸ですが、水溶性のビタミンB群の一種です。

 

リスクの軽減

代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、
体の発育を促してくれます。そのため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。
そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、
葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が
記載されています。

 

葉酸の摂取がすすめられた一番の理由は、『胎児の神経管閉鎖障害(障害児や死産)のリスク
低減』です。
最近の研究では、葉酸は細胞の中で動脈硬化の危険因子ホモシステインと呼ばれるアミノ酸を、
メチオニンと呼ばれる血液中のコレステロール値を下げるアミノ酸に変換する反応を助ける働きも
あるとのことです。

 

『和みゆたか』の購入はこちらから!

 

乳酸菌EC-12

EC-12は人間の腸内に存在する乳酸菌です。免疫の約60%が集中している腸を刺激して活性化し、
腸内環境の改善が期待でき、1包あたり150億個配合しています。

 

腸内環境の改善

EC-12を摂取すると、腸内で善玉菌が増殖し、便通がよくなったり、免疫力を高め、インフルエンザなどの
感染症にも作用すると言われています。
EC-12は生きている菌ではなく、死菌処理をすることで耐性が強まり、胃酸や胆汁の影響を受けずに
腸まで届き、腸内環境を整えるために、お腹の健康のために働きます。通常、乳酸菌を大量に摂取しても、
胃酸や胆汁によってその多くは死滅してしまい、腸まで届きにくいようですが、EC-12は摂取した分が
そのまま腸まで届きます。
 
ヨーグルト

 

フコイダン

フコイダンとは、ワカメやコンブ、メカブなどの海藻類のヌメリ成分に
多く含まれる天然成分で粘質多糖類の一種です。

 

自然治癒力を助ける

汚れや細菌、ウイルスから守ってくれる成分で、免疫力を正常化させたり、抗腫瘍、血液上昇抑制、
中性脂肪抑制、抗アレルギー、肝機能向上作用など、本来備わっている自然治癒力を正常化する
効能があるようです。

 

しかも、細胞同士をつなぎ合わせ肌の弾力性を保つコラーゲン、水分を蓄えるヒアルロン酸の分解を
抑制する機能を有していて、シミのもとのエンドセリンの働きを阻害する機能もあります。
さらに、抗アレルギー・抗炎症作用を有しており肌に優しい素材です。

 

 

マカ

マカはアンデス地方で2000年以上にわたり食材として食べ続けられています。

 

炭水化物やタンパク質、脂質、食物繊維、リノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸、鉄、カルシウム、
ステロール、アルカロイド、ポリフェノール、サポニン、タンニンなど多くの成分を豊富に含んでいます。

 

主な作用は強壮作用、性欲増強、男性機能回復、疲労回復に効果があると言われています。

 

アンデス山脈

麦芽糖

マルトースとも呼ばれる糖類です。

 

便秘解消効果に期待

麦芽糖はカロリーが低いためダイエット中の方にオススメです。麦芽糖は赤ちゃんの便秘薬にも
含まれている成分で、お通じを良くし便秘解消効果が期待できます。
赤ちゃんにも使用できるほどやさしい成分なので、安心して使用できるということと、人工甘味料ではなく、
甘さもカロリーも控えめなので虫歯になりにくいという効能もあります。
ほかにも血糖値の急激な上昇を防ぐ効果もあるようです。

 

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶ける種類の食物繊維です。

 

ダイエット・整腸を助ける

水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。
炭水化物の消化・吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を防ぐ効果、コレステロールなどの余分な脂質を
吸着し排出するなど、体への吸収を抑制する作用があるようです。また、腸の粘膜を守る効果、善玉菌を
増やす効果もあるため、整腸作用もあるみたいです。

 

青汁

還元麦芽糖水飴

 

麦芽糖を還元(水素を添加)して作られるもの。砂糖とくらべて、同じ量で半分のカロリーしかないようです。
その他、食後の急激な血中濃度の上昇が起きにくく、キシリトールと同じように虫歯菌のエサになりにくいようです。

 

 

80種類以上の野菜・果物の植物発酵エキス

植物発酵エキスは、多種類の植物性原材料を、微生物を利用し、発酵・熟成して作られます。

 

健康維持のサポート

植物発酵エキスは、体内の酵素の働きを調節し、代謝をスムーズにし、健康維持をサポートします。
免疫、抗酸化、更年期、骨粗しょう症、放射線障害などの方にもおすすめのようです。
某有名酵素食品でも53種類程ですが、『和みゆたか』では80種類以上の食品が含まれています。

 

『和みゆたか』の購入はこちらから!

 

厚生労働省の推進するマタニティマークとのタイアップ商品

妊産婦にやさしい環境づくりを推進するマタニティマークとタイアップしており、信頼性の高い製品だと思います。
妊娠中のカフェイン上限摂取量が1日200mgに対し、『和みゆたか』は1包3.3mgしかありません。

 

葉酸は200μg入っており、厚生労働省が推奨しているのは1日400-440μgとなります。
過去、大阪教育大学で若年(18才から29才)の調査を行なった所、女性の一日の食事から摂る葉酸の
量の平均が164μgだったとの為、『和みゆたか』を1日1杯~2杯飲むと推奨量に達する為、特におすすめ
できると思います。
マタニティマーク

 

その他メリット

  • 安心の日本製の商品

   どこで作ったかわからないで、不安になる必要はもうありません。
   主に中伊豆の畑で栽培し収穫しており、国産に拘った商品です。

  • サプリだけで同じ栄養を摂取しようとした場合と『和みゆたか』を購入した場合では、約半分安くなる!

   同栄養素をサプリで摂取した場合16000円、青汁を購入した場合、年間購入で月々7980円と
   約半分の値段になります!サプリを取ると1回で成分毎にすごい量を飲まなくてはいけませんが、
   青汁だとコップ1杯にまとめられます。

  • 送料無料!

    『和みゆたか』を使ったレシピもご紹介中

   料理研究家の西岡麻央さんが考案したレシピも公式サイトで公開中。
   青汁だけでなく、料理にも使えて楽しめます!
料理

 

まとめ

さまざまな栄養が含まれる青汁ですが、あくまでも普段の食事のサポート的な存在です。
毎日の食事で野菜を摂取しながら、不足している栄養素をカバーするという認識を持ちましょう。
 
私が考える飲み時としては、食前に飲むと食欲を抑えられ、血糖値の急な上昇を抑えたりできると
思います。特に寝起きであれば、水分補給と血液濃度を下げることもできると思います。

 

最後に気を付けて欲しい事を記載します。
過剰に摂取すると青汁に含まれるビタミンA・ビタミンE・ビタミンKには吐き気、
腹痛、頭痛、下痢、アレルギー、発疹などを引き起こす可能性もあります。
摂取する量は1日3杯までにしましょう。
血液凝固を予防するワーファリンを服用している場合、
血液凝固を促進するビタミンKにより拮抗します。
メーカーではなく、かかりつけ医に相談の上で購入しましょう。

 

いかがだったでしょうか。皆様の暮らしに少しでもお役に立てたらと思います。

 

『和みゆたか』の購入はこちらから!


柚子ブログ。

特定商取引法に基づく記述ページ