ニキビ 美容

ニキビ予防の為の生活習慣

投稿日:2017年8月14日 更新日:

多くの人が悩む身近な肌トラブル「ニキビ」。実はニキビの原因はさまざまで複合的なもの。

一度できてしまうとやっかいなものですから、予防するのが一番です。

第1回は【予防のためにニキビの原因を知る】【毛穴をつまらせないためのスキンケア】
第2回は【ニキビ予防のための洗顔のポイント】を紹介しました。

第1回を見るにはこちらをクリック!

第2回を見るにはこちらをクリック!

IMG_0035

ニキビ予防の為の生活習慣

油分や糖分、刺激物の摂りすぎはNG

コーヒーやスパイスなどの効いた刺激物や肉類、ケーキやチョコレートなどの甘いものの摂りすぎは、ニキビの原因になります。

肌の調子がよくない場合は摂取量に気をつけ、皮脂の代謝に働きかけるビタミン群や緑黄色野菜などを積極的に摂るようにこころがけましょう。

アルコールの摂りすぎはNG

アルコールの過剰摂取は皮脂腺を刺激し、肌によくありません。

また、ストレス発散でお酒を飲む習慣がある方も、そもそもストレスをためることが、皮脂分泌を促すホルモンを多く分泌される原因になるので、極力ストレスをためないように、お酒を飲む以外のスポーツや趣味といった他のストレス発散法を考えるなどするのが望ましいです。

しっかりとした睡眠を摂る

睡眠中が、肌のターンオーバーが促進されやすい時間です。

心身とともに疲れをとるだけでなく、肌のケアを行なううえで睡眠もおろそかにしてはなりません。

目安として22時から26時くらいまでに睡眠をとることが、肌の生まれ変わりによいとされる時間帯です。

不規則な生活や睡眠不足にならないよう、生活のオンオフの切り替えを意識しましょう。

枕カバーとシーツはこまめに取り替える

できれば枕カバーは毎日、シーツは最低でも週1回のペースで洗って変えるように心がけましょう。

寝ている間にはたくさんの汗や皮脂が出ていると言われており、雑菌を増やす原因になってしまうかもしれません。

うつ伏せや横向きで寝る癖があるなら、なおさら注意が必要でしょう。

枕カバーを毎日変えるのが難しければ、枕の上にタオルをしいて、タオルを毎日変えることをおすすめします。

パフやスポンジを清潔にする

メイクに使用するパフやブラシも、最低でも週に1回のペースで洗い、できるだけきれいな状態で使用しましょう。

汚れた状態で何度も使用すると、雑菌が増えることでニキビに影響を与えたり、新たなニキビができる原因にもなりかねません。

パフの場合、使う場所を日によって変えて、全部汚れたら洗うようにするなどして、同じ面は2回使わないようにしましょう。

ストレスを溜めすぎない

ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こし、皮脂を盛んに出るようにすると言われています。

過剰な皮脂は、ニキビの原因になることがあります。

ストレスを皆無にすることは難しいと思いますので、適度に発散させる時間を作ってみてください。

健康・ダイエット面でもメリットのあるスポーツがおすすめです。

次回は、【食べ物からニキビ対策】をお届けします!

スポンサーリンク

-ニキビ, 美容

執筆者:

関連記事

日焼け後のアフターケア

前回は、日焼けの予防・対策について書きました! 前回の記事はこちら 今回は、日焼け後のアフターケアについて、まとめていきます。日焼けをすることは体にとっても悪影響で、シミやそばかすができる原因になりま …

日焼け予防・対策の正しい方法

夏と言えば、海にプールにバーベキュー、ビアガーデンなどアウトドアなイベントが盛りだくさんで楽しいですよね!しかし気になるのが『日焼け』です。日焼けをすることは体にとっても悪影響。シミやそばかすができる …

ニキビ予防の為のスキンケア

多くの人が悩む身近な肌トラブル「ニキビ」。実はニキビの原因はさまざまで複合的なもの。 一度できてしまうとやっかいなものですから、予防するのが一番です。 まず初めに、頭に入れておくべき事として、お伝えし …

日焼けに効く食べ物・飲み物 〜日焼け対策は塗るだけじゃない?!〜

前回は、『日焼け予防・対策の正しい方法』や、『日焼けしてしまった後のアフターケア』について書きました。 今回は『日焼けに効果的な食べ物・飲み物と良くない食べ物』などをまとめて書いていきます。 関連

便秘改善!専門医が教える便活の極意三か条

今回は女性にお悩みの便秘の改善方法を、二万五千人以上の腸を改善してきた、名医小林先生の方法をヒルナンデスで紹介していた為、今日からできる便秘改善の方法をご紹介させていただきます。 目次便活の極意三か条 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。